【2021年版】世界の残酷すぎる処刑方法一覧【35選】

【2021年版】世界の残酷すぎる処刑方法一覧【35選】

凌遅刑(りょうちけい)

存命中の人間の肉体を少しずつ切り落とし、長時間にわたり激しい苦痛を与えて死に至らす処刑方法である。

薬殺刑

3種類の薬物を段階的に注射される。最初のチオペンタールナトリウム(バルビツール酸系全身麻酔剤)注入で意識を失い、次の臭化パンクロニウム(筋弛緩剤)注入で呼吸を止められ、最後の塩化カリウム溶液で心臓を止められて処刑させる。

電気椅子

初期に2000ボルト前後の電圧が皮膚の初期抵抗を破壊するため印加され、被執行者は気を失う。その後、電流を8アンペア前後に減少するように、電圧を降圧する。

被執行者の体温は、摂氏60度前後まで上昇する可能性があり、一般に電流は内臓に深刻なダメージを与え、皮膚や頭髪の一部は電流により焼かれる。初期の電流は、被執行者に多くの生体機能の制御を失わせる。筋肉の動きや排便、排尿などの機能を失う。

斬首刑

 

罪人の首(頭部)を刃物等により胴体から切断する刑罰(死刑の一種)である。

江戸時代の日本の死罪・獄門では当番同心が日本刀の打刀を用いており、中世ヨーロッパでは死刑執行人は両刃の処刑人の剣を用い、イギリスでは斧が用いられた。

銃殺刑

 

銃を用いて被刑者を射殺することにより死刑を執行する処刑方法である。

処刑される人物は通常、目隠しを顔に巻きつけられたり頭にフードをかぶせられたりするか、あるいは動けない様に縛られるなど拘束される。銃殺隊の前に立たされることもあれば、座ったまま射殺されることもある。

絞首刑(こうしゅけい)

 

絞首刑における首吊りは、絞首台を使用し、高所より落下するエネルギーを用い、その衝撃で頚椎損傷などを起こし、即、意識を失い、確実に死に至らしめる。